家族でみなとみらいにランドセルを探しに行きました!

上の子が年長になり、周りのお友達からもランドセルを見に行ったよ!という声がちらほら聞こえるようになってきました。

私は特にランドセルにこだわりもなく、近所のスーパーやニトリなどにも可愛いものがたくさん展示されていたので、そういったものでいいのではないかと思っていました。

しかし、夫がこだわって選びたいと言い出し、ちゃんとした工房で作られているランドセルを見に行くことになりました。
家の一番近いところだと、みなとみらいで展示会なども行われているとのことで、家族で見に行ってきました。

一番お目当ての工房のランドセルを展示場に見に行きました!

ワールドポーターの展示場で大々的に行われていて、会場はごった返していました。

どの商品を見ても、何だかぴんと来ない、、、。

雑然とランドセルが置かれていて、それを会場の父母や子供がひっくり返しながら見ては机の上に置く。

という繰り返しで、会場の雰囲気も手伝ってか、安っぽく見えてしまったのです。

これなら高いお金を出してわざわざ買う必要がないかも・・・と私は思いましたが、当の本人はランドセルを目の前にして、テンションが上がりきってしまい、次々とランドセルを背負ってみては、ママ、これがいい!これにして!とどれもこれも気に入った様子です。

これでは本人には冷静な判断は求められません。

まだ5歳の子供です。元より冷静な判断は期待しておりませんが、親がしっかりとしなくてはなりません。

疲れたと駄々をこねる上の子と眠くなってしまって歩けない下の子を何とかなだめて、近くにお店のある別の工房も尋ねました。

こだわりのランドセルに出会いました

そこはお店にきちんと展示されていて、こだわりもしっかりと感じられるランドセルが、スポットライトを浴びて自信ありげに置かれています。

なんて素敵なのだろう。と感動してしまい、あんなにこだわりのなかった私が即決でそこのランドセルに決めたいと思いました。

たかがランドセル、されどランドセル。子供にとっては6年間を共にする、大切な鞄です。ちゃんと見に行って良かったと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です